NEWS

中国国際家具展覧会で好感触< 2005/9/14

2005.09.14|お知らせ

 9月14日~17日に上海新国際博覧センターで開催された 「第11回中国国際家具展覧会」 へ府中からマルケイ木工㈱と森上木工㈱が初出品し、中国の富裕層や海外からのバイヤーに売り込みを図り、確かな手応えを得た。
 この展示会は、(財)備後地域地場産業振興センターを窓口にジェトロ (日本貿易振興機構) の事業として福山の中山家具㈱、㈲常盤家具製作所と併せて4社が共同で出品した。
 展示場所が入り口付近の好位置にあったこともあり、初日から多くの来場者でブース内は賑わい、特に森上木工のマジョーラ塗装の製品はひときわ注目を集めた。3割程度は海外からのバイヤーで占められ、マルケイ木工の商品はヨーロッパから多くの引き合いがあった。
 地場産センターと出展4社は3ヶ月前から貿易実務に詳しい講師を呼ぶなどして勉強会を繰り返し、カタログや見積り作成など入念な準備をしたことが良い結果に結びついたようだ。 各社とも200社くらいと名刺交換や商談をし、今後メール等でフォローして成約に結び付けたいとしている。

中国国際家具博覧会マルケイ木工のコーナー

中国国際家具博覧会
森上木工のコーナー