NEWS

ベーカー駐日大使にチェストを寄贈 2004/6/30

2004.06.30|お知らせ

ベーカー大使と記念撮影 今まで、木材の欠点とされたいた、節や割れ、色むらなどをデザインに取り入れて森林資源の有効活用を図ることをテーマにした 「第2回エコファニチャーコンテスト」 がアメリカ広葉樹輸出協会の主催で平成14年に行なわれ、 当組合では産地ぐるみで参加し、多くのクラフトマンが独創的な家具を多数出品し、大きな反響を呼び起こしました。
 その後、ハワード ベーカー駐日大使が、アメリカ広葉樹を有効活用した同コンテストの作品集をご覧になられた折、 その素晴らしさを賞賛され、アメリカ広葉樹輸出協会の仲立ちで大使に作品を寄贈する話が持ち上がり、 府中木工株式会社の井伏忠美さんが創作した 「Wi(ウィ)チェスト」 を寄贈することが決まりました。
 これを受け、去る6月30日に創作者の井伏さんに上京していただき、大使と 会談するとともに記念撮影 (中央ベーカー大使、その右隣が井伏さん) を行ないました。
 現在、この作品は大使執務室に置かれ、同大使やそのスタッフから好評を頂いております。