NEWS

ラスベガス家具展示会視察レポート

2006.07.30|お知らせ

 JAPANブランドの今年度の事業として、2007年1月のアメリカ・ラスベガス展示会へ 「府中家具」 が出展することが決まりました。
 ラスベガス展示会は年二回 (1月と7月) 行われていて、毎回約5万人の来場者があるそうです。この度、その展示会に7月23日~28日まで、参加メーカー代表者3名と商工会議所1名で視察に行ってきました。
 展示会場は 「ワールトマーケットセンター」 と 「コンベンションセンター」 の2ヵ所で、ワールドマーケットセンターは建物面積が36,000坪で半分デザインセンターみたいになっており、常設でメーカーが240社ほど入っていました。同規模のマーケットセンターを2013年までに後7棟建設予定しているみたいで、今後益々ラスベガスでの展示会は発展していくと思われます。
 コンベンションセンターの方は建物面積が28,000坪で、出展メーカーは約1,000社 (85%がアメリカとカナダ、15%が外国) でした。
 出展家具は、クラシック調が主体で作りも大雑把な物が目立ちました。私達の来年1月の出展時には、これらの物としっかり差別化のできる商品、ならびにブースの設営が必要になってくると思います。
 後、展示会主催者との打ち合わせができ、アメリカでの家具市場の事や展示会出展への注意事項などの話が聞け、大変有意義な時間を持つ事ができました。
 毎日40度を超す気温の中で大変でしたが、色々な経験ができ充実した6日間でした。
 来年1月の展示会では万全の準備を持って迎えたいと思います。

(松岡家具製造㈱ 副社長 守次 拓)
展示会場のワールドマーケットセンター
 展示会主催者との打ち合わせ